あおきやすてるの毎日をそのまま公開するページです。つれづれなるまま、気の向くまま、今日は何があったんだっけ?

こちらもどうぞ!
Solution Focus Friends(Facebook内) 青木安輝のFacebook


株式会社ソリューションフォーカスのトップページ

過去の記事をキーワード検索できます

■2013年08月05日(月)  大学院卒業おめでとう!
SF実践コース第一期生でJ−SOL草創期に活躍してくれた小林進一郎さんが筑波大学の大学院を見事卒業された。その連絡をもらい、今日はビールで乾杯。普通に会社勤めをこなしながらの修士号取得は相当大変だったようだけど、見事それを達成した充実感が話の端々ににじみ出ていた。

彼の研究テーマは「報連相」。報連相というコンセプトは日本の企業に特有のものだそうで、アメリカ等では下手に報連相すると自分で仕事を完遂できない無能なヤツだと思われてしまう可能性もあるそうだ。一言で報連相と言うけど、年代によって意味が違ってくるとのこと。特に興味深かったこととして、失敗の報告は30代でピークが来るという事実。仕事を覚えて、責任を自覚し、やる気も高まってきて色々なことに挑戦する年代だからだと推測される。そういう失敗を重ねて成長もしていくわけだから、その報告を上司がどう受け取るかが非常に大切になってくる・・・。

報連相の研究は直接的にはSFと関連づけてはいないけど、研究の途中で色々と気づくことがあったそうだ。小林さんには、秋くらいに「報連相とSF」みたいなワークショップをやってもらおうかなっ♪
20130805210900.jpg 430×242 21K
・横田理彦(2013/08/15 21:55)
「失敗の報告は30代がピーク」 ・・・!?
ベテランになると、失敗のリカバリのストーリーを組み立ててから報告するようになるので、見かけ上、減っているように見えるのかもしれませんね。。。。
・やっちゃん(2013/08/18 15:13)
なるほど、そういうのもあるかもね。
名前  URL 
 
よろしければ『書き込み』ボタンをクリックしてください(戻る